間接材調達

間接材調達業務の費用増加の要因は、「間接材の全体調達情報(何の商品をいくらでいくつ買っているか)がわからない」「間接材調達の業務工数(隠れたコスト)が把握できない」「調達ルールを根付かせる仕掛けがない」といったことがあげられます。
間接材調達業務の「プロセスの一元管理」「調達ルールの定着」だけではなく、間接材調達支出情報の「見える化」により間接材調達の問題点・課題を顕在化し、調達の適正化やトータルコストダウンを実現できます。

クラウド型間接材調達支援サービス

事務用品や備品、用度品、副資材、梱包材など、煩雑になりがちな経費による調達業務を支援します。
 ・調達業務の統制による業務効率化・働き方改革の実現
 ・汎用品の商品統制ノウハウによる調達コストの削減
『間接材調達コスト削減コンサルティングサービス』をご用意しコスト軽減可能性診断から運用開始までご支援いたします。
 ・成果報酬型でノーリスク
 ・実行支援型で手間いらず
 ・既存取引先の関係性維持に対応
 ・現状可視化は支出マップ

クラウド型間接材調達支援サービス詳細はこちら詳細はこちら

導入事例

ページTOPへ
検索