車両運行管理システム導入サービス

運行管理に関するコストの低減、スピードの出し過ぎなどを含めた運行状況の正確な把握による乗務員への適切な安全運転指導などによる安全管理や、無駄なアイドリングや無理な急加減速の是正を行い、燃費改善を実現することで、燃料コストを削減するとともに、CO2排出量を削減し、環境負荷低減にも貢献するサービス。また、ドライバーの適切な労務管理にも役立ちます。

運行管理

無線通信機能付車載ステーション、GPS、ドライブレコーダーとインターネット経由で活用するSaaS型運行支援システムを連携させたもので、運行情報の収集とその運行情報をベースにドライバーやトラックの状況をタイムリーに分析します。自社で運行管理システムを導入することなく、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで、リアルタイムに運行車両の分析や高度な運行業務の支援が行えます。これにより、業務効率化などを実現します。あわせて機能アップ・利便性の向上・初期導入費用及びシステム運用費用の軽減を図ります。

運行管理_1

安全管理

車両の運行情報からのコンサルテイングシートにより、ドライバーの良いところと悪いところを個別指導ができ、運転特性に応じて安全運転指導を使い分けることが可能です。交通規則に沿った違反基準で安全運転を支援いたします。また、バイタルセンサーと連携し居眠り運転を防止することもできます。これらにより交通事故撲滅、車両保険料削減、事故処理費用削減につながります。

安全管理_1

労務管理

ドライバーの高齢化、若年ドライバーの労働力不足の中、高度で効率的な労務管理の強化が急務となっています。改善基準告示に準拠したチェック機能のほか、拘束時間、運転時間、休息時間、時間外労働などの集計作業を大幅に軽減します。車両の運行情報から点呼記録表に集計し、長時間運行が続いているドライバーは目立つように画面表示。前日の帰庫時間が深夜だった場合は比較的軽度な仕事を優先して配車するなど、ドライバーの疲労度を考慮して配車を実施できるようになります。運行の効率化、省労働力化により生産性が飛躍的に向上しドライバーの働き方改革にもつながります。

労務管理_1
お問い合せはこちら

導入事例

一覧へ戻る

ページTOPへ
検索