緊急速報システム導入サービス

消防庁や気象庁などから発せられる対処に時間的余裕のない事態に関する情報伝達システムの、構築・設置施工から保守までのサービスを行います。

全国瞬時警報システム(J-ALERT)

J-ALERTは、総務省による津波警報、緊急地震速報、弾道ミサイル発射情報等といった対処に、時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から人工衛星を用いて送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、住民に対し、緊急情報を瞬時に伝達致します。


PDFリーフレット「全国瞬時警報システム(J-ALERT)」

緊急地震速報受信機 HomeSeismo(ホームサイスモ)

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、気象庁の緊急地震速報を受信し、地震が来ることをお知らせします。
端末が、設置場所情報を元に地震の到達時刻、震度を計算するので、ブロック単位で区分けする方式に比べてより精度の高い情報をお伝えします。
緊急地震速報は一つの地震に対して複数回送信され、情報が更新されていきます。
情報が更新されると、ホームサイスモでお知らせする震度・猶予時間も更新されます。
※ 設定した発報震度の閾値を越え発報が開始された後、震度が変更され閾値を下回っても、お知らせする震度は更新されますが、発報自体は中断されません。
※ 猶予時間が0秒以下でも、設定した発報震度の閾値を越えていれば発報を行います。


画像を拡大して表示画像を拡大して表示

緊急地震速報受信機 HomeSeismo(ホームサイスモ)_1
お問い合せはこちら

導入事例

一覧へ戻る

ページTOPへ
検索