PRESS RELEASE

2022年 4月25日
扶桑電通株式会社

サステナビリティ経営推進に向けた重要課題(マテリアリティ)の特定について


扶桑電通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:有冨英治)は、サステナビリティ経営推進のため SDGsに関する取組方針を策定し推進しております。このたび、持続可能な社会の実現に向けて様々な社会課題に対し事業活動を通じて優先的に取り組むべき課題として、環境・社会・ガバナンスの観点から8つの重要課題(マテリアリティ)を特定し、活動目標を設定いたしましたのでお知らせいたします。今後は、定期的に進捗と成果を測り、状況をお知らせしてまいります。


8つの重要課題(マテリアリティ)



扶桑電通の8つのマテリアリティ
https://www.fusodentsu.co.jp/sustainability/materiality/


◆扶桑電通株式会社について
社名:扶桑電通株式会社 FUSO DENTSU CO., LTD.
HP URL:https://www.fusodentsu.co.jp/
本社所在地:東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル
代表取締役社長:有冨 英治
設立:1948年3月
扶桑電通は「ネットワーク」「ソリューション」「ファシリティ」の3つの事業を柱として、全国54カ所の拠点に要員を配し、お客様の業務のコンサルティングからシステムの設計・開発・施工・運用・保守までをワンストップでサービス提供しています。





■本件に関するお問い合わせ先
 扶桑電通株式会社 コーポレートイノベーション本部経営企画室
  〒104-0045 東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル
  電話:03-3544-7213 e-mail:keiki@fusodentsu.co.jp

※プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



一覧へ戻る

ページTOPへ
検索