ディスクロージャーポリシー

情報開示の基準および方針

扶桑電通株式会社(以下当社)では、金融商品取引法および東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」)等に沿って情報開示を行っております。株主・投資家の投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合や、証券取引所から照会があった場合には、速やかに適時開示を行っております。業績に関する開示につきましては、適時開示規則の基準に沿って迅速に開示するとともに、適時開示規則等に該当しない場合でも当社ホームページ等を通じ積極的かつ公平な開示に努めてまいります。

なお、個人情報、顧客情報、および関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、当社ホームページに速やかに掲載することとします。また、会社説明会や各種印刷物など様々な情報伝達手段を活用し、一人でも多くの株主・投資家の皆さまに分かりやすい情報開示を行ってまいります。また、適時開示規則に該当しない情報についても、投資判断に影響を与える事項に関しては、適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に情報が伝達されるよう配慮してまいります。

開示資料取扱上の留意点

当社ウェブサイトに掲載されている、当社の計画・将来の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点で入手可能な情報による判断および仮定にもとづいています。したがって、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによってこれらと異なる結果になる場合があります。

当IRサイトご利用上の留意点

当IRサイトに情報を掲載するに際には細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性を当社は保証するものではありません。当IRサイトは、金融商品取引法や適時開示規則により開示が求められている情報についてはあくまでも補助的手段であり、これらに準拠して情報開示が行われる有価証券報告書、臨時報告書、TDnet等も併せてご覧下さい。当IRサイトに掲載された情報を利用したことによって生じたいかなる損害に対しても、当社および当社の従業員等は一切の責任を負いません。また予告することなく当IRサイト上の情報の変更を行うことがありますので、あらかじめご了承下さい。

沈黙期間

当社では株主・投資家の皆さまへの情報開示の公平性を確保するため、決算(四半期決算)期末日の翌日から各決算発表時までを沈黙期間とし、この期間は業績に関するコメントや質問に対する回答を差し控えております。ただし、当該期間中に従来の業績予想から大きく乖離する見込みとなった場合には、適時開示規則等に則り適宜情報を開示してまいります。

ページTOPへ
検索